結婚式場にお呼ばれしたら

時には友人などのウェディングで結婚式場にお呼ばれする事もあるでしょう。その様な場合には、マナーに注意したいですね。

結婚式場では結婚する人がメインとなりますので、ゲストの立場となった時には気を付けないといけない事もあります。

例えば、花嫁は純白のドレスを着ますのでゲストはカラーのドレスを着ないといけません。また、新郎新婦の家族や親せき、もしくは会社の人まで来ますので上品に見える様に過度に露出のあるドレスは避けたいですね。

そして、お食事の際のマナーはマストです。余裕を持って事前にできる様にマスターしておく様にしたいですね。

他にもお祝儀の準備もしておきたいですね。

結婚式の余興における注意点

結婚式の余興をおこなう際には、心がけなければならないことがあります。盛り上げることももちろん大切ですが、披露宴は両家の親族が揃って見ている場でもあります。

結婚式場の会場全体が楽しめる内容にするためにも、内輪だけが盛り上がるものはなるべく避けましょう。また、ホテルの設備などを前もって確認しておくと、本番で慌てる心配がありません。

そして、披露宴がスタートして、いざ出番が回ってきたときに、酔っ払っていてはいけません。せっかくの準備が無駄になってしまう可能性もありますので、無事に終わるまではお酒は控えめにしておきましょう。

ウエディングのニーズに関して

ここ最近の傾向では、ウエディングをおこなわないナシ婚も選択肢としてあるようです。さまざまなライフスタイルがある現代においては、シンプルに生きたいと思っている若者も多いようです。

そうしたなかでも、各結婚式場においてはさまざまなウエディングをおこなおうとされています。邸宅やガーデン、山や海などの自然を利用した結婚式もあるようです。

昔のような絢爛豪華なだけが結婚式ではなくなりました。プランによってもかかる費用は大きく変わりますので、ナシ婚と初めから決めてしまうのではなく、そうした情報も調べてみましょう。

ウエディングパーティーはレストレランで

しっかりした結婚式場で式を挙げるのもいいですが、最近はやっているのがレストランなどで本当に仲のいい人だけを呼んでウエディングパーティーを行うというものです。

こちらがどういった面で人気があるのかといいますと、やはりその価格の差でしょうか。結婚式場で挙げるということになれば当然200万円以上の費用がかかることになります。2人で合わせたとしても安いものではありません。一方こういったレストランでの式は高くても50万円程度に抑えることができるのです。

もしそこまで式にこだわりがなく、でも両親や友人に結婚しましたと伝える場面は作りたいという人にレストランでのウエディングパーティーはピッタリかもしれません。

結婚式場でのウエディングについてのページ