家族で参加してくれたゲストに贈る引き出物

結婚式は時として、一つの家族から夫婦など2人以上のメンバーが参加してくれる事もあるかと思います。同じ引き出物を贈っても、こんなにたくさんいらないと思う事もあるかと思います。

ですので、家族で参加してくれたゲストに贈る引き出物はそれぞれ異なる物を贈るなど何か配慮するといいかもしれませんね。お祝儀はそれぞれの人からいただく場合が多いと思いますので、引き出物もそれぞれのゲストに一つずつ贈る事が多いと思います。

それぞれの好みまで把握できている場合には、その好みを考慮して引き出物を選ぶのもいいでしょう。引き出物を選ぶ時には、やはりゲストに満足していただける様に工夫したいですね。

送料無料で購入する引き出物

お店から結婚式の会場や、もしくはゲストの自宅には宅配を利用して引き出物を届ける事もあります。その場合には、引き出物を届けるための送料が必要になります。

しかし、引き出物はゲスト一人につきある程度の費用の引き出物を購入する事や、またたくさんのゲストの引き出物を購入する事になりますので、お買い物の総額が結果として高額になる事も少なくありません。そのため、お店では商品を購入する人に対して、無料で宅配してくれる事もあります。

一人一人に贈る送料を合計すると、最終的にはかなりの費用になる事もあり、それはゲストが多ければより一層高額となる事が予想されます。送料無料は利点だと感じられる事でしょう。


【引き出物プロフェッショナルとしてのこだわり】

キャンセルに注意したい引き出物

いろんなケースが考えられますが、引き出物をキャンセルするという事もあるかと思われます。

引き出物は、直前にキャンセルするとなると費用が掛かってしまう恐れもあります。そのため、引き出物はキャンセルしないといけないと分かった時点で、できるだけ早めにお店の人に伝える様にしましょう。

また、ゲストが参加できなくなってしまった場合には、引き出物だけではなくて、お料理についても一人分キャンセルという事になるかと思われます。

引き出物を確定する際には、できるだけキャンセルする様な事がない様にしっかりと確認を済ませておく様にしましょう。ゲストとして参加する場合に、行けなくなったら速やかに連絡をしましょう。

引き出物で節約を考える

ウエディングを行うことによって、さまざまな部分で費用がかかってくることが予想されます。そうしたなかで、さまざまな部分から、節約をおこなうカップルも多いことでしょう。ペーパーアイテムや結婚式場の装飾など、節約できる部分は多いと思います。見落としがちなのが引き出物です。

引き出物自体はゲストへ渡すものですので節約はできませんが、付属する紙袋などを節約することができます。サービスによってはゲスト宅にそのまま直接送ってしまうようなサービスもありますので、そのようなサービスを利用することで、紙袋代の節約ができることでしょう。

感動する結婚式と引き出物の紹介についてのページ

[素適ウェディング!感動する結婚式をするための準備]へのお問い合わせはこちら。結婚式場や引き出物といったウェディングで必要になる準備についてのお役立ち情報を掲載しております。

カタログギフトや贈り分けする引き出物については、大阪、兵庫、京都、東京、福岡、名古屋など、全国に対応したネットショップが便利です。

メニュー