TOP > 引き出物 > 定番の引き出物を贈る

定番の引き出物を贈る

ここ何年かの定番の引き出物となっているカタログギフトですが、以前別のウェディングの引き出物にいただいたから、別の物の方がいいなかと思われる方もいるかもしれません。しかし、引き出物のカタログギフトと言っても種類が多いのが特徴です。

ですので、引き出物として、過去にカタログギフトをいただいた事がある人であっても、また、全く別の種類の物を選んであげる事で、マンネリ化する事もないかと思います。

引き出物のカタログギフトは表紙だけを見て何となく決定するのではなく、やはり中をしっかりと見て、どの様な商品が掲載されているのかという事を確認した上で決定したいですね。可能なら、サンプルを見せてもらうといいでしょう。

オーダーメイドで作る引き出物

他の人とは同じ引き出物にしたくないと考えているのであれば、既製品を購入して引き出物として贈るのではなくて、自分達で他にはないオリジナルな物をオーダーメイドで作るという方法もあります。

引き出物を作るというのは、労力やコストが必要になります。そのため、余裕がある人におすすめです。特に引き出物は名入りの物にしたいと考える人は多く、商品にイニシャルを刻んだりする事もあります。

新郎新婦の同僚など少し遠い関係にある人の場合には名入りの物は使いにくいという意見もある様です。しかし、ずっと使い続ける引き出物ではなくて、お菓子など食べると消えてしまう物に刻むのであればいいでしょう。

感動する結婚式と引き出物の紹介についてのページ

ゲストのことを考えた引き出物

多くの人がウエディングをおこなった経験があると思いますが、いつの時代もゲストへの感謝やおもてなしがあったことと思います。

現在でもその考え方は変わらず、多くのカップルがおもてなしを行うことを目標に準備を進められています。その一つに引き出物があります。参列するゲストはそれぞれですので、好みに合わせる事は非常にむずかしいことでしょう。

それであれば引き出物の贈りわけをするのがどうでしょうか?贈りわけをすることで、一人ひとりのゲストにあったものを渡すことが可能になるでしょう。ご祝儀の金額や性別、間柄などさまざまな贈りわけができるようになっています。

両親の意見を参考にしたい引き出物

自分達二人だけで引き出物を決めるのは不安が残るという場合には、ぜひ両親に意見を求めてみるといいでしょう。

両親は自分達も結婚式を行っており、引き出物を人にプレゼントしている場合には、かなり役立つ意見をいただける事もあります。また、その土地ならではの引き出物の風習について教えてもらいたい場合には、両親に聞くのがいい場合もあります。

引き出物について両親に意見を求めるのであれば、できるだけ二人の両親に聞いてみましょう。何もない所から、いきなり引き出物を決定するというのは大変な事だと思われますので、周囲の意見を求めて、部分的に取り入れながら決めると、きっと選びやすいでしょう。

オリジナリティ溢れる引き出物選び

結婚式に演出するもののひとつに引き出物がありますが、近ごろは様々なオリジナリティー溢れる引き出物を用意することで、新郎新婦が自分たちらしさを演出するようです。

例えば新郎新婦ゆかりの地の名物などを用意したり、引き菓子に参加者の方への感謝の気持ちが描かれた焼き菓子を用意したり、新郎新婦の似顔絵が描かれたお皿やマグカップなどを用意したりすることもあるようで、まさに新郎新婦のセンスや想いが反映されるようです。新郎新婦は参加者の顔を思い浮かべながら、一生に一度である結婚式の準備をする楽しい時間を過ごすことでしょう。

[素適ウェディング!感動する結婚式をするための準備]へのお問い合わせはこちら。結婚式場や引き出物といったウェディングで必要になる準備についてのお役立ち情報を掲載しております。

カタログギフトや贈り分けする引き出物については、大阪、兵庫、京都、東京、福岡、名古屋など、全国に対応したネットショップが便利です。

メニュー