TOP > 引き出物 > 引き出物にはカタログギフトがおすすめ

引き出物にはカタログギフトがおすすめ

結婚式をあげる際には色々と決めることがあって大変だと思いますが、引き出物もそのひとつでしょう。ゲストの年齢や好みは様々であるため、どの引き出物がいいか悩むことと思います。

そのような問題を解決するべく、近年ではゲストが好きな品物を選ぶことができるカタログギフトを渡すことが増えてきています。カタログギフトならば不要なものをあげる心配もなく、ゲストも自分の好きなものを選ぶことができるので、双方にメリットがあります。定番化しているカタログギフトですが、会社や種類によって取り扱っている商品やテイストが違ったりするので、何度もらっても嬉しい贈り物のひとつです。

感謝の思いを伝える結婚式の引き出物

新郎新婦が結婚式に参列して下さった方々へ、おもてなしや感謝の気持ちを込めて贈る引き出物には、地域によってマナーや慣習の差が見られます。近年では贈り分けといい、参列者の年齢や家族構成に合わせて品物を変えることもあるようです。

様々なものが引き出物として選ばれていますが、カタログギフトが定番となっています。既に持っている物や不要な物を贈ってしまうことを避けられますし、値段別の贈り分けも手軽で、贈る側と受け取る側の双方に利点があります。定番のものにするかオリジナリティー溢れるアイテムを選ぶか悩みどころですが、お祝いの場に駆け付けてくれた参列者に感謝の気持ちを込め、喜んでもらえるものを贈りたいものです。

感動する結婚式と引き出物の紹介についてのページ

引き出物の選び方について

引き出物は結婚式でのおもてなしのひとつですから、ゲストの皆さんに喜んでもらえる物を選びましょう。引き出物の準備には、結婚式場が提携しているお店を利用する方法と、自分たちで選んだ物を持ち込む方法があります。

提携しているお店を利用する場合は、発注から検品まで式場に任せることができ、トラブル対応もしてくれます。ただし、定番の商品が多く、選べるアイテムが限られています。持ち込む場合は、ゲストに合うアイテムを自由に選べるためオリジナリティーを出せます。式場によっては持ち込み料がかかるところもあるため、よく確認しましょう。

引き出物は提携のお店と持ち込みとどちらが良いか

結婚式に参列してくれたゲストへ渡す引き出物は、式場と提携しているお店から選ぶ方法と、自分達で好きなものを選んで持ち込む方法があります。提携している店から選べば式場のプランナーが手配をしてくれるので、手間を大きく減らすことができます。

一方自分達で選ぶ方法は、枠にとらわれず自由にアイテムを贈ることができるというメリットがあります。提携のお店は割高なことも多く、費用を抑えるために持ち込みする新婚カップルも多いようです。ただし、持ち込み料がかかってしまう場合もあるので、どちらを選んだ方が得なのかしっかり比べてから決めましょう。

引き出物の言葉の由来と現在の形

引き出物という言葉は、平安時代までさかのぼり、祝いごとで来てくれたお客さまに馬を贈るという風習に由来します。

庭に引き出した馬をお披露目してから贈呈したことから引き出物と言われ、一昔前には、それが披露宴での料理の一部を持ち帰ってもらう形へ、現在では、披露宴における贈呈品にとって変わっています。

その贈呈品も、結婚式における新郎新婦からの気持ちや記念品という意味合いが強くなっていて、結果、招待客に合わせて贈り分けをする新郎新婦も増えています。ただ、昔ながらの風習が残る地域も多く、品数や品物は両親やプランナーと相談して決めるのが良いようです。

[素適ウェディング!感動する結婚式をするための準備]へのお問い合わせはこちら。結婚式場や引き出物といったウェディングで必要になる準備についてのお役立ち情報を掲載しております。

カタログギフトや贈り分けする引き出物については、大阪、兵庫、京都、東京、福岡、名古屋など、全国に対応したネットショップが便利です。

メニュー